今、西之島が暑い、島も暑い!

6月に入ってから梅雨が明け連日30度越えの猛暑が続いております。湿度は高く風も余りなく、夜も25度以上あり、いきなり続く暑さに地元の私達もすでにバテバテです。御来島を予定している皆様日焼け、熱中症対策はしっかりとお願いいたします!

さて、そんな暑い島の夏、西之島の噴煙が活発になり雲が無いときは噴煙が見え、静かな海岸や山の上にいると「ドド~ン、ボ~ン」みたいな噴火の音がかなりの迫力で聞こえて来ます。父島からは、西130Kmの距離です。噴煙は2km以上の高さです。

7年前の噴煙も噴火音が結構聞こえてきましたが、今回は噴火の規模も凄いらしく、かなり大きく聞こえます。

肉眼で見るとこんな感じで、積乱雲の様です。手前に雲が出来ちゃったら見えなくなってしまいます。

アップしたところです。時間帯によりますが、モコモコ噴煙が上がって動いている様子も解ります!タイムラプス等で撮ると解りやすかったりします。(今度三脚立ててやって見ようかな~。)

今回の噴火は昨年末より始まりましたが、この半年で島が北側に500メートルも広がったそうです。面積は3平方キロメートル弱だそうですが、もう少ししたら越えちゃうんじゃ無いかなーと思っちゃいます。 高さは200m弱。しかし、海面下は、直径30Km,高さ4000mにも及ぶ巨大な日本有数の巨大火山だそうです。 火山帯は、富士火山帯に属します 。 父島はこの火山帯よりそれていますので、噴火は大丈夫な様ですが、もし噴火したら大変な事になっちゃいますね。                             

これは最近母島の漁師の方が撮った映像です。ヤバいですね、夜の噴火の映像もありましたが、バンバン溶岩が吹き出して地球創世記みたいな映像です。

これ、映画じゃないですからね、現実ですからね、、、。地下で発生したマグマが地盤の中で留まって冷える事無く一気に地表に噴き出すためにこのような噴火になるそうです。

噴煙が見えて、噴火の音もかなり聴こえるので、西之島も1つの観光名物になるのかなーと思っています。  御来島したお客様にお見せしたいのですね~!! 陸も海の向こうも暑(熱)い小笠原からでした~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です