素敵な橋ができました!(小笠原父島ハートロックコース)

8年程前から冬になると、小笠原村の事業で北海道から近自然工法の先生をお呼びし、ハートロックルート等の整備事業を行っております。

今日はボランティアの皆様とハートロックルートの橋の作り変え作業でした!大きな丸太を2本ルート入口から距離1キロ以上、標高150メーターまで運ばなければならない大仕事でした。

材木運び

モクマオウという小笠原に戦前移入された木で、虫等に食われにくく腐りにくい木なので橋等を作るには最適なのですが、水に浮かない程の木でかなりの重量があり、一本を6人で運びました。2本ありましたが今日は沢山のボランティアの方がいらっしゃったので何とか運ぶことが出来ましたが途中道が狭かったり、カーブがあったりと中々手強い作業でした。

重たいので15メーター程行けば休み、また15メーター程行けば休みとかなり大変でした!(私も運びましたが沢山人が来ていたので途中で交代してもらったりしていました、、)場所によってはウインチで引っ張り上げることが出来ました!(機械はスゲ~なーと思いました!)

ウインチ

上の写真は解りずらいけどウインチで上げているところ!先端を作業員一人がサポートすれば上がるので楽でした!(でも半分以上は手で運んだかな~、あー腰が痛え~、温泉入りた~い、、無いけど、、、)

古い橋

朝9時から運び昼食を挟み現場に辿りついたのが13時30分くらいだったかなー。まず古い橋を撤去し、新しい木材を並べベースを決めて並べました。なるべく平らな面を上にして天場を平にチェーンソーでカット、モクマオウは硬いのでチェーンソーも中々てこずっていましたね。

チェーンソー

滑り止めのテープを張り無事完成しました!(片方はテープの粘着がダメで後日張るそうです。)

完成!

自然木をそのまま利用しているので見た目も良く味があり、丈夫なので今後歩くのが楽しみですねー!

凄く大変な作業でしたが、役場関係の皆さま、ガイドさん等沢山集まって来て頂いたので無事に終わることが出来ました!

皆様大変お疲れ様でした~!これからいらっしゃる方はお楽しみに~!フゥ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です