小笠原の冬はどんな感じ?服装は?(小笠原ガイドTommyGWorld)

以前の投稿に加筆して書きました、季節ネタ!!

小笠原の冬は、いきなり季節が変わります!

少しずつ気温はゆっくりと下がって来ますが、小笠原は日差しが11月に入っても強いので昨日は夏のような暑さでした。(ここんとこお天気があまりよくありませんが、、、)
昼は日差しが強くティーシャツでOKなのですが夕方になると途端に寒くなるので要注意です!昼夜の温度差が激しいので油断は禁物です。(写真は真冬の写真です。)

11月に入ると朝夕が涼しくなり長袖が欲しくなります。12月に入ると内地が西高東低の冬型の気圧配置になり、小笠原も寒い北風の季節風が吹き始め急に寒くなります、、、
冬の低気圧は台風並みに発達するので、小笠原の冬の海は時化る日が多くなります。

特に小笠原島民の私達は、半年は夏のような気候で暮らしているので寒さに弱いのでしょうね、なおさら「いきなり冬」感が強いかも知れませんね、

1~2月が一番寒い季節です。最高気温が17度くらいですが、最低気温を10度切る事はありません。
私は、寒がりなので夜はダウンジャケットを着たりします。
(ちなみに母島は年平均気温が父島より2℃程高いです。)
日中天気が良く、風があまり無ければ、TシャツでOKな日もまれにはありますが、基本長袖が必要です。
風が吹く日は、フリースやトレーナーの上にウインドブレーカーが必要です!
海上やナイトツアー等では、ジャンパーやライトダウンジャケットがあると調子良いです!
もちろん、ボトムスはジーンズ等の長ズボン。

しかし、改めて考えると内地よりもかなり暖かいな~とは思います。
石油ストーブは必要ありません、電気ストーブをたまに着ける程度で、朝の洗顔も湯沸し器は必要ありません。
お布団から出る時も内地のように「う~、寒くて出たくない、あと5分~」等という寒さは無く、お布団から躊躇無く出れます!

小笠原の冬は、内地の秋のような気温なので、これからはトレッキングに最適な季節になります。
しかし、山登りの時にヒートテックは調子悪いので止めた方が良いです。登りは暑いのでいらない汗をかきます、そのあと休憩したりすると冷えるのでかえって体温調整で疲れちゃいます。

1月1日海開き!のイベントがありますが寒いです、、、裸じゃ風邪ひきます、、、10月下旬くらいからウェットスーツが必要です。
(島人の中には、新年の勢いで飛び込むのを楽しみにしている方もいらっしゃいますが、、、)
(冬のカヤックツアーの場合、当社では御希望の方には、ウェットスーツをご用意しております。半袖タイプ。)
お天気によっても気温が左右されやすい季節ですね。

寒いとは言え小笠原の独特のバイブレーションは変わりません!!
パワーをもらいに来てくださいね!!
早々そろそろザトウクジラがご来島しているようですよ!

何か島の事で訊きたい事がありましたらお気軽にご質問下さいね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です